閉じる
  1. おすすめの洋食レストランのクチコミ
  2. 長野県 福岡県 山口県 B級グルメのクチコミ2
  3. 管理人が厳選した静岡県内のおすすめケーキ屋さん BEST3
  4. 管理人が厳選した静岡県内のおすすめケーキ屋さん BEST5
  5. 炭焼きレストランさわやかの「げんこつハンバーグ」は県内外で愛される静岡…
  6. カフェや喫茶店の利用についてのアンケート
  7. おすすめの中華料理屋さんについて
  8. 行ってよかったカフェのクチコミ
  9. 青色申告 10万円控除についてわかりやすく説明します。
  10. 静かで落ち着きのある大人なカフェ~エスタシオン
閉じる
閉じる
  1. 美味しい鯛焼き屋さん
  2. 長野県 福岡県 山口県 B級グルメのクチコミ2
  3. 炭焼きレストランさわやかの「げんこつハンバーグ」は県内外で愛される静岡…
  4. 管理人が厳選した静岡県内のおすすめケーキ屋さん BEST2
  5. 新潟・兵庫のB級グルメのクチコミ
  6. 管理人が厳選した静岡県内のおすすめケーキ屋さん BEST4
  7. おすすめの中華料理屋さんについて
  8. カフェ | ジェミニーズに行ってきました。
  9. カフェや喫茶店の利用についてのアンケート
  10. 住んでいる街で一番人気のあるケーキ屋
閉じる

Sweets Life.

青色申告 10万円控除についてわかりやすく説明します。

確定申告書とボールペン

個人で事業を行う場合は、その年に得た所得に応じて税金を納めなければなりません。

具体的には確定申告という方法によって、税務署に納税額を申告することになります。
個人事業主が行う確定申告は、白色申告と青色申告に大きく分けられます。
従来は白色申告の方が手間が少なかったので、そちらを選択する人も多かったのが実情です。
しかし白色申告にも記帳の義務が生じてからは、青色申告を選択する人が増えてきました。

特に青色申告10万円控除のメリットを目当てに変更する人が多いです。
なぜなら白色申告を行う場合と手間がそれほど変わらないからです。しかし具体的にどのようなものなのか正確に知っておかないと、十分なメリットを得られない恐れがあります。

そもそも10万円控除の意味が分からないという人も多いでしょう。
事業で収入を得た場合に納める税額は、所得が大きくなるほど高くなっていきます。
事業が成功して所得が高くなっても、課税額も上がるので喜んでばかりはいられません。

一般的に所得とは、収入から経費を差し引いた金額を指します。
つまり売上が大きいほど高くなり、経費が大きいほど低くなるのです。
したがって本来課税額を下げるには、売上をセーブするか経費を増やすしかありません。
ところが売上を下げると収入が減りますし、経費を増やすと出費が大きくなってしまいます。
つまりどちらの方法を選んでも、資金の減少につながるということです。事業を成長させていきたい人にとっては、どちらも有益な方法とはいえません。

そこで役に立つのが青色申告の特別控除という制度です。
この制度を利用すると、経費の他にも特別に一定額を売上から差し引けます。
すなわち出費を増やすことなく所得を低くできるため、デメリットのない節税効果を得られるということです。
青色申告で受けられる控除には65万円と10万円のものがあります。
それだけの経費を使った場合と同等の節税効果を得られるということです。

全員が受けられる基礎控除と合わせるとそれぞれ103万円と48万円の控除額になるので、給与控除のない個人事業主にはとてもメリットの大きな制度になっています。
それぞれに要件がありますが、青色申告10万円控除の方はそれほどハードルが高くありません。

65万円控除の方は厳密な会計の原則に則って、複式簿記で記帳をしなければなりません。
税務や経理の知識が皆無で初めて記帳をする人の場合、とても時間がかかってしまう恐れがあります。
一つひとつの取引を貸し方と借り方に分類して記帳し、損益計算書や貸借対照表の作成も必要です。

65万円という金額の大きな控除を受けられる代わりに、それだけの労力を要するということです。
また発生主義という一般の人には馴染みの薄い考え方で記帳をしなければなりません。

それに対して、青色申告10万円控除の方は簡易簿記で構わないと定められています。
現金主義の考え方で記帳をしても良いという特例もありますし、税務や経理の経験がなくても家計簿のように直感的に行えるのが大きなポイントです。ただし労力が少なくて済む分だけメリットも減って、控除額は10万円になってしまうというデメリットがあります。
とはいえ、小規模な個人事業主にとって10万円という金額が与える影響は少なくありません。10万円分の経費を増やそうとすると難しいケースが多いでしょう。

いくら簡単であると言っても最低限の知識は持っておかなければなりません。
たとえば必要な帳簿の種類について把握しておくことは重要です。
自分で好き勝手に作成して良いわけではなく、基本的には以下の5つの帳簿をつけることがルールになっています。
現金の出入りを記録するための現金出納帳や、出費を記録していく経費帳は基本的な帳簿です。
売掛金を管理する売掛腸や、買掛金を管理する買掛帳もつける必要があります。
また固定資産に関しては、固定資産台帳を記帳することも求められます。
これらを随時つけていき保管しておくことが要件になっているので覚えておきましょう。

特に難しくはありませんが不安な場合は、会計ソフトを使用することを検討すると良いです。
会計ソフトにはさまざまな種類があり、「やよいの青色申告 オンライン」のようなクラウド型のものも多くなってきました。クラウド型はインストールしなくて良いですし、税制の変更があった場合も買い直す必要がありません。

帳簿づけは面倒に感じるかもしれませんが、しっかり行っておくと事業の調子を把握するバロメーターになります。
会計ソフトの中には、帳簿付けだけでなく収支のフローなどをグラフにして見られるものも多いです。

個人事業主として資金面から事業の戦略を練りたいときに役立つでしょう。
また青色申告を行う場合は、開業届や青色申告承認申請書といった書類を税務署に種類を提出しなければなりません。
どちらも税務署や国税庁のホームページで入手可能です。

まずはお試し!弥生シリーズ無料体験版ダウンロードはこちら

関連記事

  1. アイキャッチ

    e-Taxとは?

おすすめ記事

  1. カフェ | ジェミニーズに行ってきました。
  2. 美味しい鯛焼き屋さん
  3. お取り寄せ おいしい林檎ジュース
  4. おすすめの洋食レストランのクチコミ
  5. 長野県 福岡県 山口県 B級グルメのクチコミ2

人気の記事

  1. カフェ | ジェミニーズに行ってきました。
  2. 美味しい鯛焼き屋さん
  3. お取り寄せ おいしい林檎ジュース

Google 翻訳

アーカイブ

PR.

ページ上部へ戻る